くるくる回る状態になっている燃料コックは、かなりヤバい。ONの位置でもリザーブまで食ってしまう事があるようでガス欠で泣きをみることになりかねない。新品の燃料コックは各停止位置でクリックがあり、下半分(OFF-ON-RSV)しか回らないはず。

燃料コック交換手順

  • 燃料を抜く(あたりまえ)
    コックから出てくる量で抜いていると日が暮れてしまうので、給油口からポンプで抜くのが早い。ポンプで抜ききれない部分はコックをリザーブ位置にして抜いてしまおう。見ての通り、コックは車体右側にあるので右側に傾けると残った燃料が出てくる。
  • コックを交換する
    燃料コックを固定しているネジ(ナット状の部分)はコック側は左ネジ、車体側は右ネジが切ってあり、写真のように右に回すとしまり、ひだりに回すと緩む。

    Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes